債務を支払う

債務に悩まされた場合の対応

住宅ローンを組んでいて、支払うことができなくなったり、支払いが困難な状況になりそうだったりした場合は、早めに対処する必要があります。債務を抱えたまま放置してしまうと、状況はますます悪化するばかりで、何も良いことはないのです。放っておくことによって、支払うべき金額が大きく膨れ上がってしまう可能性もあります。 住宅ローンの返済が滞ったままにすると、最悪の場合、住宅が競売にかけられてしまい、生活する場所を失ってしまいます。不動産を売却する方法には、競売以外に任意売却という方法があります。任意売却をした場合でも、家を手放すことには変わりがないのですが、売却する際の金額などの面で、競売よりも任意売却の方が有利です。

任意売却のメリットとデメリット

競売と比べて有利な金額で売却することができる点が、任意売却の大きなメリットです。金額が高くなれば、それだけ債務の返済が容易になりますし、その後の生活も楽になります。できるだけ競売にかけられる前に、任意売却の手続きに入るようにした方が良いのです。手続きには複雑な部分があるため、専門家のアドバイスを受けることが大切です。 ただし、任意売却にはメリットだけでなく、デメリットもあるため、注意しなければなりません。たとえば、売却できるかが不確実である点、債権者全員の同意が得られるかという点、自己破産をしても免責されない場合がある点などです。また、連帯保証人を新たに立てるように要求される可能性もあるため、慎重な判断が必要です。